統合コードモード

The Localizer integration code is extremely flexible and can be customized to meet the needs of your website.

Here are two ways you can adjust the code:

A. キャッシュすべて言語のデータ
この機能を使用すると、翻訳する言語に関係なく、ウェブサイトのすべてのデータをキャッシュすることができます。つまり、ウェブサイト全体の翻訳されたデータはユーザーのブラウザに保存され、ページにアクセスしたらすぐに表示できるため、読み込み時間が短縮されます。


これをオフにすることもできます。オフにすると、ユーザーが訪問したページのデータのみが変換され、その後のすべての要求がサーバーに返され、読み込み時間が遅くなります。この機能をオンまたはオフにするには、次の手順に従います。


  1ウェブサイトにインストールしたLocalizer Javascriptスニペットを探します。
 

<!-- Localizer Integration Code -->
ます。<script type = "text / javascriptの" SRC = "https://localizercdn.com/ localizerの.js"> </スクリプト>
<script>
    Localizer.init({
siteId:12345678912345,
        cacheall:true、
        detectnew:true

 
 
2「cacheall」の横にある場合は、オンにする場合は「true」に、オフにする場合は「false」に変更します。

 

<!-- Localizer Integration Code -->
ます。<script type = "text / javascriptの" SRC = "https://localizercdn.com/ localizerの.js"> </スクリプト>
<script>
    Localizer.init({
siteId:12345678912345,
       
cacheall: 真実,
        detectnew:true

 

B.新しいフレーズを検出する

Webサイト上の既存のコンテンツを翻訳すると、ローカライザーはフレーズダッシュボードに追加され、配置された新しいコンテンツをすべて翻訳されたフレーズとして検出します。購読している場合は、これらについての電子メールリマインダも受信します。この場合、「detectnew」の横に「true」または「false」の値を入力することを除いて、上記と同じ手順に従って、新しいコンテンツの検出をオンまたはオフに切り替えることができます。  

 

<!-- Localizer Integration Code -->
ます。<script type = "text / javascriptの" SRC = "https://localizercdn.com/ localizerの.js"> </スクリプト>
<script>
    Localizer.init({
siteId:12345678912345,
        cacheall:true、
       
detectnew: